詰将棋第16日

┬──┬──┬──┬──┬──┐
│__│__│__│▽桂│▽香│一
┼──┼──┼──┼──┼──┤  
│__│__│▲金│__│__│二
┼──┼──┼──┼──┼──┤  
|__│__│▲歩│▽歩│▽玉│三
┼──┼──┼──┼──┼──┤
│__│__│▲香│__│▽歩│四
┼──┼──┼──┼──┼──┤
│__│▲角│__│▲歩│__│五
┼──┼──┼──┼──┼──┤
│▽角│__│__│__│__│六
┼──┼──┼──┼──┼──┤

 
持ち駒:金三

捨てて、捨てて、捨てる問題。手順そのものはあまり難しくないと思われる13手詰。

最近、詰将棋を書くのがメインになっているので久しぶりに日記を書くことにする。
詰将棋の本も読んではいるのだが、なかなか読み終わらないので読書の項に書きようが無い。急いで読んでも仕方が無いわけであるし、そこは構わないのだけれども。


大学のほうはまだ始まっていない。うちの学部は10日に始まるので、来週からが本番になる。思えば春休みも長かった。本当に長かった。では、それを有意義に使えたのかといわれると首をひねりたくなる。反省点が多いのはいつものことではある。